P-1哨戒機がフランスに辿り着けなかった件について




1週間くらい前にこんな記事を見かけた。

 

【P1哨戒機】海上自衛隊の最新鋭機、フランスにたどり着けず…「恥ずかしい」と関係者

 |  執筆者: 朝日新聞社提供

フランスで開かれた国際航空ショーに参加するため日本を出発した海上自衛隊の最新鋭のP1哨戒機2機のうち1機が、機体トラブルのためショーに参加できなかったことが分かった。日本の航空機製造の技術をアピールし、国際的に売り込む場となるはずだったが、「たどり着けなかったのは恥ずかしい」と政府関係者は話す。

以下元記事

http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/26/story_n_17300970.html

この件で言いたいことは

・そもそもP-1って?

・何が起きたん?

・恥ずかしいとは誰が誰に言ったのか?

・海上自衛隊のP-1事情

そもそもP-1て何やねん?

P-1は、防衛省技術研究本部川崎重工業が開発し、川崎重工業が製造、海上自衛隊が保有・運用する固定翼哨戒機である。ターボファンエンジン4発の中型機で、海上自衛隊がP-3Cの後継機として運用する。

wikiより引用

早く言えばもうP-3古いし、技術大国日本万歳!!Made in Japanの機体つくろーぜ!って話。

P-3って?調べなさい。

 

 

何が起きたの??

 

KAWASAKIが作った最新鋭の機体を、マカロンマクロン大統領が高く評価してるらしいから、フランスの展示会に出品しようとしたの。そしたら一機不具合発生してフランスまで辿り着けなかったのさ。

 

恥ずかしいとは誰に言ったのか?

この記事を見る限り、P-1が辿り着けず、かっこ悪いってなってるけど悪いのは誰か?

政治家?

海上自衛隊?

防衛省?

政治家は無責任ですね。現場のことも知らずに・・・

 

そもそも防衛産業に民間企業が乗り気でない。

以前から内部で言われてることで、昔から防衛産業は儲からないから機体の開発に関して、みんな乗り気でないのである。

P-1なんて未だに不具合多いですよ。昔エンジン4発止まった事案もあったよね(遠い目

 

だからかどうかは、知りませんが、第一線で活躍しているのはP-3

(ここだけの話、P-1は高額な割に、航続距離諸々含めて、性能はP-3とあまり・・・おっと・・・)

 

機体が少ないもんだから、替えの部品が少ない!!!

 

一回の不具合でしばらく飛べないんだなぁ〜これが。(KAWASAKIさん頼みますよ)

 

P-3なんて世界中で飛んでるし、部品もP-1よりはある。

 

もっと政府と企業が力入れないと、防衛産業はとても厳しいと思います。。。

 

トヨタは絶対に防衛産業には参入しない。昔からね。

 

終わりに

米国はP-8を開発してやってるけど、覇権を握るのはどちらでしょうか???

ちなみに、P-8の中身は完全に旅客機でした。

日本頑張れ!!とはいうものの多分厳しいでしょう。。。。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です